記事の詳細

毎日の強い日差しの中にいて、肌が焼けてしまった方は多いのではないでしょうか?
そんな方の為に!
日焼け後にするべき本当に正しいアフターケアをご紹介したいと思います☀

1.冷やすと保湿🎐
①まずは冷やす!
日焼けしてしまった肌は、冷やすことが何よりも大切です。
症状が軽い場合でも、日焼けはやけどの一種です。
冷たいシャワーを浴びるか水風呂に入りましょう。
(冷たすぎたり長時間つかると身体を冷やし過ぎてしまうので注意)
お湯につかることは当日はおすすめできないのでやめましょう。
その後で、日焼けした箇所全てに濡れタオルを巻きます。
日焼けが激しい箇所には、保冷剤をくるんだ濡れタオルや氷水を入れたビニール袋だとより効果的です。

②保湿・カバー
次からは、症状によって対応が異なります。

■我慢出来ない痛みの場合
水ぶくれができた場合や、吐き気や頭痛がある場合も同様に、必ず病院(皮膚科)へ行ってください。
自己処理は危険です。
すぐに行けない場合は、できるだけ①で紹介した冷やし方を繰り返し行なってください。

■ヒリヒリ痛い場合
軟膏を塗りましょう。化粧水だとしみてしまいます。

■痛みはない場合
痛みはないけど思いっきり日焼けしてしまったという場合は、化粧水でたっぷり水分補給をした後、乳液(クリーム)で蓋をします。
日焼けした肌は水分不足なので、顔も身体も、いつもより多めに化粧水をつけてあげましょう。

ポイント①
敏感肌用の化粧水がおすすめ
出来るだけ、肌に刺激の少ない敏感肌用の化粧水を使いましょう。
美白を取り戻すことよりも、肌に負担をかけないことの方が優先です。
同じ理由で、美容成分たっぷりのシートマクスも、日焼け直後の肌には負担になるので使わないようにしましょう。

ポイント②
化粧水は手でたっぷりつける
日焼けした肌は弱まっている状態なので、コットンの繊維での摩擦でダメージを受けやすい為、化粧水をつける時は、コットンは使わずに手のひらでつけましょう。

ポイント③
化粧水は冷蔵庫で冷やしておく
1日外出したり海に行く予定がある場合は、あらかじめ化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくと良いです。
水分補給と同時に再度冷やすケアをすることができます。

ポイント④
化粧水がしみた場合は軟膏へ切り替える
痛みはなかったけど、化粧水を塗った時にしみてしまったという場合は、無理に使わず軟膏でのケアに切り替えましょう。

2.水を多めに飲む
日焼け直後は意識してこまめに水分補給をして、内側からもケアしてあげましょう。
外側と内側両方から水分補給をしてあげることで、肌の新陳代謝が良くなり日焼けの治りが早まります。

3.早く寝る
思いっきり日焼けをした場合は、肌だけでなく、身体全体がダメージを受けて弱まっている状態です。
1のケアが終了したら、早く布団に入りましょう。
新陳代謝を良くすることで肌の生まれ変わりが早くなり、肌の赤みの治りが早くなり、メラニンをきちんと排出することが出来ればシミにもなりにくいです。

※日焼けをシミにしないためのアフターケア😰

■新たな日焼けをしないこと!
一度日焼けした場合、シミを作らないためには少しでも紫外線を浴びることはNGです。
日焼け止めを塗ることも大事ではありますが、肌を直接日光に当てないようにすることが何より大切です。
外出時はパーカーをはおり、帽子や日傘を使って肌を完全に隠すようにしてください。

■食事から栄養を摂る
肌の新陳代謝を良くしてターンオーバー(生まれ変わり)を早めるためにも、肌に良い栄養素が含まれている食べ物を積極的に取りましょう。
日焼けした肌には、特にたんぱく質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEが有効です。

<たんぱく質の多い食材>
肉・乳製品・魚・卵・大豆

<亜鉛の多い食材>
牡蠣・のり・しじみ・肉・納豆

<ビタミンCの多い食品>
ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ

■日焼け止めは塗る量が大事!
ほとんどの方が、日焼け止めを規定の量より少なく塗っています。
適量は1平方センチあたり2mg、つまり顔に当てはめると500円玉の大きさになります。

■日焼け止めは必ず塗り直す!
正しく塗ったからといって満足してはいけません。
汗や皮脂で大半は流れ落ちてしまいます。
効果をキープさせるためにも、レジャー等でずっと外にいる場合は、必ず最低でも3時間置きに塗り治しましょう!

日焼けをしないことが1番良いのですが、してしまった場合は、まずはどんな状況であれ冷やしましょう!
その後は、肌の状況を見ながら肌を回復させ、ある程度戻ったらシミを作らないケアにシフトさせましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る