記事の詳細

さて、皆さんは、今までの人生の中で何か印象に残っているCMや広告のキャッチコピーはありますか?💡

キャッチコピーは、次々と「新作」が生まれ消えていく一方で、長年に渡って使われ、私達の記憶に刻まれる「名作」もあると思います。

そんな「名作」の中で、「特に印象に残っている」キャッチコピーTOP10をご紹介します!
(30~40代社会人男性200人のアンケート調査)

👑印象に残るキャッチコピーTOP10👑
(全29項目のなかから上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 ファイト・一発!(リポビタンD) 313pt
2位 24時間戦えますか(リゲイン) 268pt
3位 ピッカピカの一年生(小学館) 78pt
4位 そうだ 京都、行こう。(JR東海) 72pt
5位 うまい、やすい、はやい(吉野家) 51pt
5位 やめられないとまらない(カルビー) 51pt
7位 きれいなおねえさんは、好きですか。(松下電器/パナソニック) 47pt
8位 キンチョーの夏、日本の夏(金鳥) 44pt
9位 100人乗っても大丈夫(イナバ物置) 42pt
10位 私はコレで会社をやめました(禁煙パイポ) 30pt

※番外
11位 お金で買えない価値がある。(マスターカード) 22pt
12位 亭主元気で留守がいい(タンスにゴン) 19pt
13位 わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい(丸大ハム) 17pt
14位 NO MUSIC, NO LIFE.(タワーレコード) 16pt

私は4位と14位が好きでした。一番印象に残っているのは9位です(笑)
やっぱり歌やリズムに乗せたキャッチコピーが強く印象に残るイメージです。

このアンケートでは特に上位2つがケタ違いの人気を集めていますが、
働く男性を鼓舞する栄養ドリンク系の商品のメッセージが、
ビジネスマンたちのハートをつかんだのかもしれませんね💪

それぞれの得票の理由はこちらです!

●1位 ファイト!一発!(リポビタンD) 313pt
「ワンパターンなCMであるが、キャッチコピーが耳に残った」(45歳)
「俳優さんがかわってもフレーズが変わらない」(45歳)
「たくさんの俳優さんが出ているから」(42歳)
「肉体派のタレントが使用されていてパワーがあふれている感じがよい」(32歳)

●2位 24時間戦えますか(リゲイン) 268pt
「歌があったので覚えている」(42歳)
「時任三郎のサラリーマンイメージ」(48歳)
「日本のサラリーマンを象徴する言葉だから」(33歳)
「バブルのころは遊んではいても結構働いていたんだな」(42歳)
「24時間本当にリゲインを飲んで起きられたから」(37歳)

●3位 ピッカピカの一年生(小学館) 78pt
「物心ついたころから聞いているキャッチフレーズのような気がする」(45歳)
「子供の頃から記憶に刷り込まれています」(43歳)
「フレーズのリズムが頭に残っている」(40歳)

●4位 そうだ 京都、行こう。(JR東海) 72pt
「JRのイメージが変わった」(49歳)
「綺麗なコピーだった」(36歳)
「このCMを見て、両親に京都旅行をプレゼントした」(46歳)

●5位 うまい、やすい、はやい(吉野家) 51pt
「短い言葉でうまく表現している」(43歳)
「吉野家が出始めたころだったので」(49歳)

年代的に少し分からないものもありましたが、どれも一度は耳にしたことのあるものばかりでした👂

優れたキャッチコピーは、それだけで時代の雰囲気や価値観を表現しています。
今回は30~40代の調査だったこともあり、1980~90年代のコピーが目立ちますね。
果たして10~20年後、今の時代を表すコピーとして記憶に刻まれているのは、どんなコピーなのでしょうか💑

関連記事

ページ上部へ戻る