記事の詳細

皆さんは普段どんな休日を過ごしていますか?

家でまったりするのが好きな人、外でワイワイするのが好きな人、人それぞれ様々だとは思いますが、休日の過ごし方で平日の動きも変わってきたりすることもあるかと思います。

そんな今日は、人気IT企業5社の社長さん達の休日の過ごし方について
ご紹介したいと思います!是非ご参考にしてみて下さい!

■1:アソビュー株式会社:山野 智久さん
◎家族と過ごす週末は、ビジネスにとっても不可欠

「週末は家族でお出かけをすることが多いのですが、当社で運営するasoview!で取り扱っている体験をしてみたり、asoview! newsで紹介している近くのイベントに行ってみたり、友人家族とバーベキューをしたり、食事に出かけたりアクティブに過ごしています。」

と、家族想いのお父さんとしての一面を見せてくれました。

「土曜の朝、早く起きて、ロングボードとキャンプセットを一式詰め込み、車で海に出かけます。砂浜にキャンプを設置して、着替えてから海へ。
ひと しきり波乗りを楽しんだら、お湯を沸かしてコーヒーブレイク。
海と砂と風の音に耳を傾け、無心になります。
もう一ラウンド入ったら正午を周る前に海から上 がって近くの定食屋へ。
焼きハマグリとノンアルコールビールでごきげんな昼食。
15時までには帰って家の掃除をして夕食の買い出しに出かけます。
ちょっと 贅沢なチーズとワインも買って、料理しながらキッチンドランカー。
あぁ、なんて青春…!」

そのうえで「車は持ってませんし、大してサーフィンはできません」
と付け足してくれました。
波の音が聞こえてきそうな回答にも、遊び心を感じますね。

「遊びが仕事の会社なので、休日とお仕事の境界線を作らず、あえて曖昧にすることで、影響し合い、調和させています。
一消費者としての実体験が、当社で運営するサービスの改善に繋がるので、週末のお出かけは、ビジネスをする上で欠かせませんね」

■2:株式会社クックパッドベビー:安田啓司さん
◎スポーツを通して「ツキのつかみかた」を体得する!

「社会人になってからずっと、何かのスポーツをやっているので、大体スポーツしてますね。
仕事も凝り性ですが、スポーツも凝り性なので、思いっきりやって仕事のことも週末はすっかり忘れてストレス発散しています」

スキー・スノボ・フィッシング・テニスなどを経て、今はゴルフを楽しむことが多いそうです。

「スポーツ自体が仕事に役に立つというよりは、ギャンブル的な要素のほうが仕事には役立っています。
どうすれば流れをつかむことができるか、またつかんだ流れを維持することができるか…なかなか奥深いですよ。
ツキは平等といいますが、ツキ続けるのは能力次第です。
その辺の駆け引きが分かるようにな ると、ビジネスでもそれをうまく使うことができます。
サッカーや野球の監督業もそれにあたるかもしれませんね」

■3:株式会社 CyberZ:山内隆裕さん
◎逆境でも前を向く気持ちを育てる!

「ジムに行ことが多いです。ジムでは、筋トレを中心にダッシュやボクササイズなどをしていますね。
また、DVDや漫画やゲームをしたり、行ったことのないお店や場所にいくこともあります。
ワークアウトはやった分だけ返ってくるし、サボればもとに戻ってしまうオールフェアなものです。
筋肉は嘘をつきませんが、ビジネスはそうはいきません」

『健全な精神は健全な肉体に宿る』という言葉がありますが、体を鍛えることで己の精神力も強くなっていくのですね。

「組織はトップの器を超えることはないし、組織はトップを写す鏡のようなものだと考えています。
必要不可欠な経営者としての厚みを増すためには、様々な価値観に触れたり、教養を身につけたりせねばと思います。そのために、本を読んだり、一流サービスに触れたり、異国の文化に触れたり、積極的に新しい環境へと身を置くことが必要になるのではないでしょうか。

同じリズムで過ごしているときは、あえてリズムを変えてみるのがおすすめです」

■4:株式会社 Zaim:閑歳孝子さん
◎クールダウンして、本当にしたいことを見つけよう!

「本や漫画を読んだり溜まった録画のテレビ番組を見たりしています。
テレビはドキュメンタリーやバラエティ、アニメが多いです。
それらを見ながら趣味で社内ツールを作ったりすることが多いです。
健康のため、隔週で整体に行っているほか、外食の際には数駅ぶん歩いて移動するようにしています。
最近は家で料理することもあります」

閑歳さんのように、休みの日に読書や録画した番組を見るという方は
多いのではないでしょうか?

「休日はクールダウンの期間にしています。
平日は社内外の人と会うことが多くめまぐるしいので、じっくり考えたりするのは土日にしています。
自分が本心からしたいように過ごすのが一番だと思います。
ある一時までは毎日のようにネット業界のイベントに出たり飲み会に行ったりしていたのですが、最近はあまり行かなくなってしまいました。

年齢を重ねると自分や親が病気になったり子どもができたりすることもあるので、100%の時間を自分だ けに使う、ということがなくなってきます。
そうした場合に、いったい自分は何を重視して誰との時間を大切にしたいのか、ということを周りや仕事に流されないで考えることが、実はすごく重要なんだなと思うようになりました」

■5:株式会社trippiece:石田言行さん
◎旅に出て、普段と違う時間の流れを感じよう!

「仕事柄、国内外問わず、2ヶ月に最低1回は旅に出ています。
特に旅に出ると、気持ちと頭がリフレッシュされます。
考えの整理に効果的で、旅行後に仕事を効率的にこなすことが出来るようになります。
他にも海辺でハンモックに揺られながら本を読んだり、ふだんとは違う時間の使いかたをすると、思いがけないアイディアに出会ったりもできます」

海辺でハンモック!とても気持ちの良い時間が過ごせそうです。

「仕事が頭から離れることはないので(笑)、気分転換をしたいときは旅に、溜まったモヤモヤを発散したいときはスポーツをすることがオススメです!
夏なら、群馬のみなかみ町でラフティングやキャニオニング、
伊豆でダイビング、東京の離島の御蔵島でイルカと泳ぐのもオススメです!」

とのことでした!
いかがでしたでしょうか。皆さんはどの休日がお気に入りでしたか?

せっかくの夏なので、今しか出来ないようなことをしてリフレッシュしたいですね!
もうすぐ小さな夏休みもあるので、今年はいつもと違う過ごし方をしてみてはいかがでしょうか(^o^)?

関連記事

ページ上部へ戻る