記事の詳細

2014年の時点で携帯電話の普及率は、なんと100パーセントを上回る122パーセントでした。一人が一台以上持っている計算ですが、私用以外に社用など、用途を分けて持つ人がいるのでこの数字でも頷けます。
その普及率の中で、スマートフォンを分類すると33パーセントほどとなります。それでも3人に1人程はスマートフォンを使っていると考えると、非常に高い普及率でしょう。

さて、みなさんはスマートフォンと聞いてすぐに連想したものは何だったでしょうか?アップルを思い浮かべた人は多いと思います。今は亡きスティーブ・ジョブズはアップルの共同創業者の一人で、前代表でもありました。彼の残した功績は非常に多く、彼以上の開発者はいないのではないかといわれているほどです。
スマートフォンが特別有名というわけではなく、それ以外に多くの機械を生み出しています。最初にホームコンピュータ「Apple」を作ったのは1976年で、それ以来改良に改良を続けて現在のアップルのコンピュータがあります。リンゴの形のロゴマークで有名です。

時代はどんどん技術を取り入れ、いかに便利で使いやすいかがテーマとなっているような気さえします。さらに軽量化も加えられ、最近ではApple Watchも話題となっています。

パソコンが日本で本格的に普及され始めたのは1995年ごろといわれています。それ以前から存在していたものの、企業で使われるものがほとんどで、さらに個体が大きく価格も庶民が手を出しづらい設定でした。
しかしそのままで終わらないのが科学技術です。日本は特に薄型、小型、軽量型等の技術に優れているため、新しい技術を身近な物として扱えるようにどんどん改良が重ねられました。
携帯電話で言えば最初は大きな本体を背負う形だったものが手の平サイズに、さらに折り畳み式のものやメール機能を持つものが現れ、現在はボタンがなくタッチパネル式です。
ここまで技術が改良されてしまうと、今後は何をもたらしてくれるのかという期待に胸が膨らみます。

人と機械は遥か昔から深いかかわりがありました。その時々で人に利用され、改良を重ねられ、さらに便利な物へと進化していく機械。便利になることはとてもありがたいことですが、それが当たり前だと感じる人が多くなりすぎた時、一度思い直すことが必要ではないかと考える時があります。アップルを始めどの会社が提供する機械でも、ただ単にもたらされたものなのではなく、それを必死に考え抜いて作り上げた人間が確かにいるという事実を知ることが私たちには大切ではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る