記事の詳細

今までもリサイクルショップに行って、不要なものを現金にしようと売ったことがあったのですが、今回株式会社徳を利用したことで、はじめて訪問で不用品を引き取りにきていただく機会がありました。そこで、買い取りにきてくださったスタッフさんとリサイクルについて話す機会があり、今はリサイクルを意識した生活をはじめています。
リサイクルといっても大きな何か活動をしているのではなく、まずは身近な自分のだすゴミについて考えるようになりました。ゴミは焼却処理され、最終処分場に埋め立てられます。埋め立てる場所に限りがありますし、お金もかかることですし、地球の環境にとっても焼却の際にでる二酸化炭素は地球温暖化の引き金にもなってしまいます。
なので、私はまずはゴミを減らす努力をしています。何か買うときには再利用、再資源化できる素材でできているものを買うようにするとか、しっかり分別をしてゴミを捨てるとか、そんな簡単なこともリサイクルにつながる大事なことだと今は思っています。

株式会社徳では、人々から不要なものを買い取り、ゴミの量を減らす活動だけでなく、買い取った不要なものを東南アジアの発展途上国などで販売をし、雇用の創出とともに、日本で不要になったものを再利用してもらえるように活動しています。
人の心まで変えるようなエコ活動はまだまだ自分には難しいかもしれませんが、まずはまだ使える不要品に関しては、株式会社徳に買い取ってもらって、ゴミを極力減らす生活を毎日意識していきたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る