記事の詳細

クラウドバンク(日本クラウド証券株式会社)では、ミドルリスク、グッドリターンのサービスを心がけているようです。どのような投資も必ずリスクがついて回りますが、できるだけリスクは低くしたいというのがすべての利用者の考えることです。クラウドバンクはそんな声にこたえ、インターネットを活用した中間コスト削減により、可能な限り利用者への利益還元を心がけているそうです。

日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

通常、銀行や金融機関では、審査や管理回収業務などにたくさんの時間と労力を要しています。それらのコストをカバーし収益を得るために、預金者に還元される利息は非常に小さいものとなっていました。
しかしクラウドバンクは、銀行などが介在せず直接投資を行うことで中間コストを削減しています。それが可能となったことで、メリットを還元できる、という仕組みを実現したのです。小口資金を集約し貸付ファンドを組成して、国内外の優良な貸付先への貸し付けから生まれる金利等の収益を分配するという仕組みです。
主に貸付から生まれる利益ベースの配当で、短期的には高い利回りではありません。しかし複利効果も活用することで長期的には安定して投資家の資産を拡大できるシステムになっています。
もちろん、貸出にあたって保全面に最大限配慮する上、投資家の資金を分散させることによって安全性を図るなど細心の注意を払っています。

クラウドファンディングの特徴として、個人の人でも資産運用ができる、という点が挙げられます。基本的には、インターネット上のサイトを介して投資が行えるので、気軽に参加できる点から個人でも資産運用の新しい形として注目がされている手法です。
クラウドバンクは、インターネットを活用した低コストの運用体制により、可能な限り利用者に利益を還元できる仕組みを開発したのです。日本クラウド証券株式会社が提供する、日本初の融資型クラウドファンディング。それがクラウドバンクです。

今では、クラウドファンディングという言葉も良く耳に入るようになりましたが、まだまだ他の国に比べればメジャーになっているとは言いがたい状況です。以前、ガイアの夜明けにあるプロジェクトが取り上げられていましたが、日本でもメディアの露出を通じて少しずつ認知されてきているという状況です。クラウドファンディングは、大きく分けて「購入」「寄付」「金融」という3種類に分類することができます。それぞれの分野で強みを持っている企業は違いますので、もし始められるという人がいればそこにも注目してみてください。

購入型とは、支援者がプロジェクトへ出資することで商品が手に入ったり、サービスを利用できたりするという形態のものです。これは純粋に応援したいという気持ちの人も参加している印象ですね。

寄付型とは、その名の通り「寄付」になりますので、リターンは発生しないと考えてください。一般的には、社会的意義が高いプロジェクトや幅広い人の応援を受けやすいようなプロジェクトが相性が良いとされています。日本だと、震災を受けた地域の復興プロジェクトやそれに関わる商品やサービス等、寄付しても良いと思える人が多いようなプロジェクトが良いと思われます。

金融型とは、特定の企業や団体に出資を行い、リターンとしてお金や株がもらえるという形態です。クラウドバングはこの形態であり、個人では参加が難しかった優良案件などを多く取り扱っています。世界でも、この分野の比率が高く非常に伸び代のある分野と言えます。
日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

日本で初めて提供するに至ったソーシャルレンディング・サービスとして、金融商取引法によって求められるコンプライアンス体制と自己資本規制比率などの高い財務基準をクリアしているため、より透明性の高い運営を行うことが可能です。
短期の運用で小口投資も可能なのが特徴のため、20代から40代という現役世代の方たちも利用しています。そのうち年収1000万円以下の方が9割以上とのことなので、一般の方にとってやさしい仕組みになっていることがわかります。

私たちの未来に必要となる資産運用は、インターネットで、さらに誰でも気軽にできる時代になりました。最初に多くの資金を用意せずとも始めることができ、クラウドバンクのノウハウと実績に裏付けされた信頼によって、安心して運用していくことが可能です。
自分の未来、家族や後の世代のために、すぐにでも始められるうれしいサービスとなっています。
日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

クラウドファンディングという仕組みは日本においてはまだまだ知名度が高いわけでもなく、
実際に活用されているかたもあまり見かけたこともないと思いますが、実は海外では多くの方が活用し、
実績を上げられているそうです。日本クラウド証券では、小口のお金を多くの出資者から集めることにより、融資を行うという仕組みを採用しています。

このような仕組み自体は原始的な方法ではございますが、上記にも記載したように、インターネットの台頭により、
さらに影響が大きくなってきています。また、世界のクラウドファンディグの市場規模は数千億円程度と言われておりますが、
新しい技術、システムの開発により今後大きく発展していく市場であると言えるでしょう。

一億人以上いる日本国民が1円を寄付したとしても、1億円以上の資金が集まるということですから、
世界中の誰もが繋がることが出来るインターネット社会におきましては、
クラウドファンディングを活用することで、資金集めのハードルがより低くなったと言うことも出来るかもしれません。

前述したように、日本ではまだ普及していませんが、海外では多くの一般ユーザーに活用されており、確かな実績を上げています。

自らが保有する資金を運用するという手法として、銀行や金融機関に預けて利息を得るという手法があります。
しかし、経験したことがある方も多いかもしれませんが、通常の銀行や金融機関では、
審査や管理回収業務など多くの時間と労力を要しており、それらのコストをカバーし収益を得るために、
預金者に還元される利息は非常に小さいものとなっていることもあるそうです。

クラウドバンクは、銀行などが介在せず直接投資を行うことで、中間コストを削減することが可能となり、
そのメリットを一般投資者に還元する仕組みを実現しています

クラウドバンクでは、一般出資者からの小口資金を集約しファンド(貸付ファンド)を組成し、
国内外の優良な貸付先(主に企業やプロジェクト)への貸し付けから生まれる金利等の収益を出資者へ分配しています。

これは、主に貸付から生まれる利益ベースの配当であり、短期的には高い利回りではないものの、
複利効果も活用することで、長期的には安定して投資家の資産を拡大していく設計となっています。

もちろん、貸出に当たっては保全面に最大限配慮する上、投資家の資金を分散させることによって、
安全性を図るなど細心の注意を払っているのも特徴です。
クラウドバンクは、インターネットを活用した低コストの運用体制により、
可能な限り出資者へ利益が配分されるような仕組みづくりを行っているそうです。

日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

クラウドバンクは融資型のクラウドファンディング・サービスです。

一般個人の方が少額からでも始めることができます。多くの人が集い資金を集約することで、

これまでは小口投資で不可能だった、高利回りの投資案件への参加を可能にしています。

 

また、少額投資から大型投資商品に参加することができます。初めての人や一般個人にも優しいソーシャルレンディングといえます。

一般個人の方でも多くの人が資金を預け資産を運用することによって、高利回り案件への投資を可能にしています。

ネットから始めることができる手軽さもあり、新しい時代の資金運用サービスと言えるかもしれません。

日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

融資型クラウドファンディングでは、少額からの投資が可能です。

「投資」というと、資産家と呼ばれるような人たちしか行うことができないというイメージが強いかもしれません。

かく言う私もそう思っていた一人です。

 

クラウドバンクは短期間で償還される商品が中心ですが、継続的に投資を行うことで複利効果を得ることもできます。

また、一つのファンドで複数の企業やプロジェクトに貸付を行うので、リスク分散の効果も期待できます。

日本ではまだ注目され始めた段階ですが、融資型クラウドファンディングはすでに海外で多くの一般ユーザーに活用されているそうです。欧米諸国では日本よりもずっとこのクラウドファンディングが盛ん都のことです。

インターネットを活用した新たな個人資産の活用方法として、すでに世界で注目が集まっているのです。

確かな実績を上げていて、大手IT企業から出資を受けるなど、今後も実績は伸びていくと思われます。これから一般個人の資産を預け運用する一つの方法として、さらに注目が集まり利用者が増えていくのかもしれません。

日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

投資といっても様々な種類があり、資産運用の方法はたくさんあります。

株式投資から、不動産投資、国債の購入などたくさんありますよね。

時代の流れなどを読みながらこれまで投資家と呼ばれる人たちはこれらの手法で運用を続けてきました。

これまでは一般個人が少額から運用することのできる商品がごくごく限られていました。

代表的なのは銀行預金でしょう。普段から預金取引で身近な銀行などの金融機関は、

個人や法人から集めた預金などを資金需要のある企業や個人に貸し出し、

その利息収入の一部を預金者に還元しています。しかし、高利回りかつ低リスクの大型投資案件は、個人が運用することは難しい状況でした。

 

日本クラウド証券株式会社は、インターネットの仕組みを活用し、多くの方が利用できるサービスを作り上げました。その一つが、個人による少額からの好利回り・低リスクの優良案件の資産運用の実現を目指すというものです。

クラウドバンクは投資の可能性を広げ、投資をより身近な存在にしてくれたといえるでしょう。

クラウドバンクは、日本クラウド証券株式会社が運営している新しい形のクラウドファンディングサービスサイトです。インターネットを通じて誰でも気軽に投資を始めることができます。

投資と聞くと、難しいのではないか、大きく損をするのではないかと心配になる方が多いと思います。投資にリスクはつきものですが、それは投資のやり方ひとつで変わります。

クラウドファンディングという手法ももちろんありますが、他にも国債・株式に寄る運用もあると思いますし、銀行に預けて利息を得る、というのも立派な投資、運用ということができるでしょう。

クラウドバンク事態は投資信託やファンドのセールスマン出はないため、販売にかかわる手数料や口座維持手数料はかかりません。投資家となった後の運用成果、ファンドの運用成果が出た場合にのみ営業者報酬として事業収益が成り立っています。

日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

これまでは「資産運用のための投資」と聞くと、二の足を踏む方が多かったと思います。しかし現在はインターネットがあります。簡単に世界中の人とコミュニケーションをとることができ、パソコンさえあれば投資ができるという魅力があります。

今は一家に一台どころか、一人一台パソコンを持っている時代です。このお手軽さこそ、クラウドバンクが提供するクラウドファンディングサービスの大きな特徴だといえるでしょう。

また、短期の運用が可能なこともクラウドバンクの特徴です。毎月の利益分配を目指しています。

貸付ファンドで気になるのは期間の長さや換金性の低さですが、クラウドバンクのファンドでは短期間で運用したい方にも対応可能です。自分の資金が有効活用され、そのせいかを毎月実感できるというのが毎月分配の魅力です。さらに分配金と償還金を再投資していくことで複利効果により、さらに高い利回りを得られる可能性が多いにあります。

クラウドバンクでの投資は自分の資産運用のためだけでなく、事業を立ち上げようとしている大勢の起業家の方たちの助けにもなります。投資を絶対にしたほうが良いとは言いませんが、自らの資産をどのように運用していく手法があるのか、その方法だけでも知っておいて損はないのでしょうか。

日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク)

 

日本クラウド証券株式会社が運営しているマネセツというお金の専門家が執筆するコラムサイトがあるのですが、最近ちょっと気になる記事をそのコラム内に見つけましたのでご紹介いたします。

 

みなさん、年金制度ってもちろんご存知ですよね。毎日テレビやネットニュースでも「年金」や「年金制度」などという言葉を見ない日はないと思います。今、皆さんは年金を受給されていらっしゃいますか?もし今受給されていないのであれば、いつ、どれくらいの金額を年金として受け取れるのかをご存じでしょうか。おそらくざっくり60歳くらいからかな?というイメージや、最低限の生活に困らないくらいのお金かな?というイメージがあるのではないでしょうか。そもそも、年金というお金はどこからやってくるのでしょうか。

日本銀行が貨幣を発行しない限り、現在出回っているお金は誰かが支払ったお金であるということですよね。ニュースでも少子高齢化が進み、若い人の年金の負担が増えているなど報じられておりますが、つまりどういったことなのでしょうか。

 

アベノミクス改革も進み、「景気が改善しつつある」という政治の発表がありますが、

なかなかその成果を実体験として感じたことがある方は少ないのかもしれません。

先の見えない経済状況に「不安」を感じることが一般的な状況となっていると思います。

そのような中で、ある意味の安心を与えてくれるはずの年金制度について、深くしておいた方がいいのかも知れません。

 

年金制度が分かりづらくなっている原因に年金制度が職業別に分かれており、運営方法やその仕組みが年金毎に異なる点や、制度の改正が変更される点などが挙げられると述べられています。現行の年金制度では自営業とサラリーマンでは加入している制度が全く別であり、保険料の額も異なり、もちろん受け取る年金の額も感じます。

私の友人もそうなのですが、サラリーマンとして企業内で働いていると、保険料が会社から天引きされ、自らの手を介さないケースがほとんどですので、意識するケースは少ないかもしれませんが、そのような中でも将来の年金に不安を感じる人は多いと思います。

 

年金には公的年金と私的年金があるそうです。

クラウドばんくのマネセツによると、公的年金は国が運営するものであり、現在では日本年金機構が運営を行っております。(以前は社会保険庁が管理運営していました。)

また、私的年金の中には、企業が従業員のために運営する企業年金や民間の保険会社・金融会社などが提供する個人年金、そして自営業者のための国民年金基金などがあるそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る