記事の詳細

皆さん、こんなケースは無いでしょうか。
「今まで会社からボーナスが支給されたら子どもの教育資金にしていたが、子どもが大学を卒業したのでまとまったお金は老後のために貯金をしたいと考えるようになった。」
「今まで子どもにかかっていた教育費は浮いたので、気が大きくなり車の買い替えや、リフォームをしようかと考えている。」

しかし老後にお金がないと満足のいく医療や介護サービスを受けられなくなる恐れがあるので子どもに迷惑がかかってしまうことがあります。

ボーナス時期になると利用している銀行がキャンペーンを行って利率を高くしていましたが、世界経済の先行き不透明さや日銀のマイナス金利導入などによって、キャンペーンがなくなってしまいました。そうなるとまとまった金額を銀行に預けていても資産運用にならないと考え、投資にお金をまわすほうが良いと考えるケースも増えてくると思います。

日本では投資と聞くと『怖い』といったイメージを持つ人もいますが、海外では給料を得る他に投資をして配当金を得ることは当然のようになっています。そこでリスクの少ない資産運用として金投資をしてみるのはいかがでしょうか。

金はそのものに価値がありますし、子や孫に受け継がせることもできるので魅力的です。日本でも金の延べ棒を資産として購入する人もいますが、金地金は日本よりも海外ブランドの方が高価値であるケースのことが多いです。海外ブランドの金地金はロンドンの国際的金市場にも登録されているので、正当な価値が認められているため、その点からも非常に安心です。

私も金投資について様々調べているうちに、ラスターレイクという金地金販売会社を知りました。

ラスターレイクは金の産出国と深い関係があり、世界採掘国ネットーワークを持っており、消費税がかからない国(例.ドバイなど)で金地金を購入できるため、国内の他社よりも安く金地金を購入することができます。

またラスターレイクは多くの金地金のブランドを取り扱っており、「LBMAロンドン地金市場協会」に認定を受けた高品質な金を取り扱っています。

更にラスターレイクで購入した金地金は世界有数のプライベートバンクで厳重な監視の下で保管され、金の絶対的価値を維持させながら毎月配当を得ることができるというメリットを持っています。

海外の会社なので取引をするときに大丈夫かと心配しましたが、日本人スタッフが常駐しているので日本語での問い合わせができるところにも安心感があります。
一度検討してみる価値ありです。

関連記事

ページ上部へ戻る