記事の詳細

リアルキャピタルマネジメントは、金融関連の投資コンサルティングを行っている企業です。コンサルティング、という言葉はよく聞くと思いますが、本来の意味を知っている人はそれほどいないかもしれません。ここでおさらいしてみましょう。
コンサルティングとは、一般的に「企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をする」職業と説明されています。さらに噛み砕いて簡単に言えば「クライアントをいかに儲けさせるか」ということに尽きます。
企業が持つ独自のノウハウを利用する方に与え、その情報の内容を商品としているのがコンサルティングという仕事の内容です。
コンサルティングを行う人の事を、コンサルタント、と呼びます。
しかし、設けさせること以外に目的をもつコンサルティングも数多くあります。
たとえば、婚活コンサルティングや結婚コンサルティングがそれにあたります。この場合、あるサイトや婚活サービスに登録している会員の情報を与え、結婚に進んでもらうことが目的となります。設けるだけがコンサルティングの内容ではないということは一目瞭然でしょう。
コンサルタントとなり、コンサルティング業務をするという事は、ある業界の専門知識やスキル、ノウハウを身につけておく必要があります。企業は何かしらの商品を扱っているので、その商品のスペシャリストになることが最低条件です。
たとえば訪問営業に来た人に、何か商品の説明をされても、その内容が不十分だと飼う気にはならないと思います。それと同じで、「コンサルティング」の内容にあたる商品に対する知識が浅いと、需要を感じる人は現れません。
どのような情報を扱い、誰に向けて発信するかがコンサルティング事業の大切な部分と言えると思います。
リアルキャピタルマネジメントの行う金融関連のコンサルティング事業は、金融というジャンルのため需要がなくなることはないでしょう。
金銭に関する事は誰でも食いつく上に、常に関心を持つべき内容だからです。しかし投資となるとまた内容が複雑になるため、その専門知識を扱っているのがリアルキャピタルマネジメントの事業内容です。
少し見方を変えると、何か一つの知識に長けていれば、その情報やスキルを商品として取り引きする事は誰にでもできる、ということになります。コンサルティングという仕事の意味を詳しく知らなかったという人も、もしかしたら無意識にそれに近い事を行っていたという可能性は十分あると思います。
意外と身近な存在。それが、コンサルティングというものなのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る