記事の詳細

さて!今日はノンアルソーダについてお話したいと思います!

今年6月にサントリーから
ノンアルコールソーダ「フォレスティ 森のソーダ<レモン&ライム>」
が発売されたのを皆さんご存知ですか?🍺

インターネット上でも最近は「ノンアルコールソーダ」「アルコール0.00%」
などの表記を目にする機会が増えたと思います。
この表記に対し、「普通のソーダと何が違うの?」
「そこまでノンアルを推さなくても良くない?」という声が上がっているのだそうです。

では、何故あえてノンアルコールをうたっているのでしょうか?
その理由についてサントリー広報部はこう話しています。

「フォレスティは、普段お酒を 楽しんでいる大人をターゲットに開発した商品で、
“お酒風味”を楽しむことができるノンアルコール飲料という位置づけです。
『アルコール0.00%』と記されている理由は、カロリーと糖質がゼロでありながら、
レモンやライムのほどよい苦味がジンの風味をつくり出しているからです」

なるほど!子供も飲めるというよりは、あくまで大人向けなんですね😚

同社の調査では、既存の炭酸飲料に対して「大人向けといわれていても、まだ甘い!」
「無糖の炭酸では、味わい深さの点で物足りない・・」という意見が見受けられ、
そこで「お酒を楽しむ大人が求める、新しい炭酸飲料」
というニーズに応えて開発されたのが、フォレスティだそうです。

サントリーはこれまでも、「のんある気分」など
ノンアルコール飲料を多く発売してきました。
その背景には、ノンアルコールに対するニーズの高まりがあるのだとか。

近年、若者のお酒離れが指摘されているように、
国税庁の調査では成人1人当たりの酒類消費数量は
1992年の101.8リットルをピークに減少し ているのだそうです。
また、飲酒運転の罰則強化や健康志向の高まりなどにより、一昔前と比べて、
現代は“飲みたくても飲めない”場面が増えているのだそうです。

フォレスティは、「お酒を飲まずに、その気分だけを楽しみたい!」
というシチュエーションにぴったりの商品です。(回し者ではありません)
サントリー広報部はこう説明しています。

「既存の炭酸飲料とは異なる『お酒風味・甘さ控えめ・大人向けの炭酸飲料』
というコンセプトで開発したため、『ノンアルコールソーダ』
という新しい言葉を使った商品価値を提案しています」

そもそもノンアルコールがもたらすくつろぎとは、
仕事が終わった後などに、お酒を飲んで「ホッと一息」と言う人は
多いのではないでしょうか?
フォレスティは、そのお酒が与えてくれるくつろぎ感を大切にしています。

何でも、深みのあるくつろぎの味わいを実現する為に、
山梨県の白州の森で採取・抽出した「森の香り成分」が加えられているのだそうです。
はじける炭酸の泡の中から
さわやかな森の香りが立ち上ぼるような感覚があるのだとか!☁

「発売後、お客様からは『森の香りがして、安らげる』
『お酒の風味というだけあって、甘くなくておいしい』といった、
香味への評価を多く頂いています」

というように、ノンアルコールソーダだからこそ実現出来た、
お酒に代わるくつろぎ効果が好評を得ているようです👏

発売と同時に「アルコール0.00%」の表記が話題になったフォレスティですが、
ノンアルコール飲料に対するニーズの変化と、
それを求めるシーンの拡大が商品開発に結びついていることがよく分かります。

「飲めない」だけでなく「くつろぎたい」というシーンも視野に入れて開発された
ノンアルコールソーダは、現代社会が生み出した新たな商品なのかもしれませんね😉
皆さんも是非一度、飲んでみてはいかがでしょうか?

それでは今日も、夜の一杯を楽しみに頑張りましょう🍻

関連記事

ページ上部へ戻る