記事の詳細

もうすぐ本州でも梅雨入りの情報が入ってきそうですが、梅雨のあとには台風のシーズンがやってくるこの時期、メノガイアに多いご相談が雨漏れや、外壁、屋根の補強などに関するご相談だそうです。今年の台風シーズン前に対策をしておかないと、と思いご相談される方が多いようです。

実際に、兵庫県神戸市にお住まいのご家庭では、最近になって破損した雨桶のご相談をいただきお伺いしたところ、屋根を見てもらったら、だいぶ劣化が進行しており、一部雨漏れの危険性があるところもあったそうです。そこで、メノガイアのスタッフがすぐに対応してくれて、頑丈できれいな屋根にリフォームをされました。屋根はなかなか住んでいるみなさんからも状態を確認しづらい場所でありますが、雨、日光、風を直接受け、築年数の経った家では劣化が進んでいることも多いのだそうです。雨漏れしてからでは遅いので、不安な要素のある方は早めに一度屋根の点検をしていただくのもいいかもしれません。
今では良質で長持ちな素材も開発され、雨、風に強い我が家を手に入れることができます。また、雨どいなどの修理も雨量が増えるこの時期に問い合わせが増えるようですので、今のうちに一度状況をチェックしていただき、早め早めに対応するのが良さそうです。

さらに、台風前には庭木の剪定などもご要望が増えるそうです。背丈の高い木を剪定するのは危険もあり、非常に体力も使うため、私は無理せずメノガイアさんに頼んでいます。台風で折れた枝で、近所の家や通りがかった人にケガをさせてしまうようなトラブルが起きる前にリスクは回避しておきたいですね。台風が来てからでは遅いので、6月中に対策をしておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る